なんてラッキーな日

電車が止まったから仕事にはバスで行った。
最初は時間通りに来ただけで当たり前だった。
用事を済ませてバス停に行くと、なぜかすぐに直通が滑り込んできた。
乗ってる間にものすごい雨。
直通なので歩く距離が最低限、疲れずに済んだ。
仕事終わって駅。
1時間に1本のバスがおくれて、ちょうど目の前に到着。
ちょっこりと座って帰る。

スーパーの前に停車。入ったら、豪雨のせいかいつもなら売り切れのパンが山になって残っている。
いつもなら嫌なBGMなのが、今日に限ってディーン・フジオカ、「モンテクリスト伯」の聞きなれたテーマ曲だった。

帰り着いたら小雨になっている。
パトカーが避難勧告していたけどいなくなってしまった。
愛犬の散歩に行った。風雨が弱いので愛犬怖がってなかった。
そして涼しい。

同僚は電車しか使えないのでホームで待ちぼうけ。お迎えの車も渋滞に巻き込まれ2時間かかったと。
自分はラッキーだった。
誰に感謝すればいいだろうと思った。

引き続き大雨特別警報が解除されず、翌日は臨時で休みである。
愛犬がへばりついている。甘ったれているように見えて、実は守っているつもりかも。
この子の先代の写真を飾りなおし、花を添えた。




"なんてラッキーな日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント